坂東情報

茨城県坂東市に関する情報を記していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺田のファミレスに強盗

6月17日午前1時35分頃、坂東市辺田のファミリーレストラン「ココス岩井店」に包丁のようなものをもった男が押し入り、現金およそ44万円を奪って逃走した。当時、店内には従業員4人と客2人がいたが、けが人はなかった。

情報ソース:読売、FNN
スポンサーサイト

中里で住宅火災、2人死亡

6月10日午後10時40分頃、坂東市中里の男性会社員(47)方から出火、木造平屋建て住宅約200平方メートルが全焼した。台所付近から男性2人の遺体が見つかり、境署は男性の長男(26)と父親(74)とみて調べている。

出火当時、男性と妻は近所の友人と家から10メートル離れた倉庫でバーベキューをしており、家には長男、父親、母親がいた。

情報ソース:読売、毎日

大口で作業員が転落、死亡

5月13日午前9時半頃、坂東市大口で倉庫の解体をしていた同市辺田の建設作業員の男性(63)が、屋上から7.8メートル下の地面に転落、頭などを打ち間もなく死亡した。境署の調べでは、男性が付けていた命綱に不備があったとみられる。

情報ソース:産経新聞

境の衝突事故で男児死亡

4月22日午後4時30分頃、境町塚崎の国道354号で、坂東市長須の男性(60)が運転する乗用車が、反対車線の標識の柱に衝突した。この事故で、後部座席の男児(1)が死亡、男性の妻(57)が重体、男性と娘で男児の母親(31)とその友人女性(19)の3人が重傷を負った。母親と男児は帰省中だった。

情報ソース:毎日新聞

死亡事故多発で対策会議

境署は3月22日、管内での交通事故死亡者が今年に入り4人に達したことを受け「交通死亡事故抑止緊急対策会議」を開いた。境地区交通安全協会や坂東市、境町、五霞町の職員約20人が参加した。

死者4人は対前年比で3人増。全県では36人で、境署は水戸署の5人に次ぐワースト2だった。

情報ソース:毎日新聞

みむらで乗用車とダンプカーが正面衝突

3月17日午後1時過ぎ、坂東市みむらの国道で取手市の男性(57)が運転する乗用車とダンプカーが正面衝突した。

この事故で男性の妻(50)が頭を強く打つなどして死亡、男性と息子(18)は重傷、ダンプカーの運転手は軽傷を負った。

ダンプカーの運転手は「乗用車が急に飛び出してきた」と話しており、乗用車がセンターラインを越えて衝突したとみられる。

情報ソース:テレビ朝日

上出島で民家全焼、2人死亡

3月4日午後4時30分頃、坂東市上出島の無職女性(66)方から火災が発生、木造2階建て166平方メートルが全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかった。遺体は女性と母親(92)と見られる。

ソース:読売、毎日

幸神平の食品工場で釜が破裂、全身やけど

3月1日午前8時25分頃、坂東市幸神平の食品加工会社の工場で蒸気釜が破裂し従業員が負傷したとの119番通報があった。

境署の調べによると、男性従業員が全身にやけどを負うなど、3人が病院に搬送された。

蒸気釜は金属製で直径1m、深さ40cmの半球形で、3人は午前7時50分頃からこの釜でタケノコを煮ていた。

ソース:産経新聞

矢作で散弾銃暴発、男性重傷

2月5日午後4時頃、坂東市矢作の利根川河川敷で、男性が散弾銃を暴発させ重傷を負う事故があった。

男性は他の2人の男性とともにハトの狩猟に来ていた。砂利につまづいた際に引き金を引いてしまい暴発、弾は自分の右足に命中し、親指を骨折した。

ソース:産経新聞

工場の不法滞在者を摘発 床下に隠し部屋

不法滞在の外国人を工場で働かせていたとして、警視庁組織犯罪対策1課は12月10日までに、入管難民法違反容疑で足立区興野と坂東市のカバン工場を捜索、21~58歳の男女30人を摘発し、東京入国管理局に引き渡した。

工場の床下には隠し部屋があり、外国人が隠れていた。外部にはカメラが設置してあり、捜査員の侵入を察知し隠れたとみている。

ソース:時事、産経

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。